出雲・岡山の魅力再発見


旅行のきっかけはさまざま。テレビで見て行ってみたいなあ、と思うところを見つけたり、友人の話を聞いて行ってみたくなることもあるでしょう。そんなきっかけの一つとして、テレビゲームもあります。国内や海外の観光地が登場するテレビゲームをきっかけにして、あらたな旅行先を開拓していくのも楽しいです。

たとえば桃太郎電鉄。桃太郎電鉄は家族や友人みんなで盛り上がれるゲームとして1作目発売当初から大人気です。どのようなゲームかというと、電鉄会社の社長として、サイコロをふって電車で日本国内を旅しながら物件を買いあさり、会社の収益拡大を目指してがんばるというものです。

日本の色々な地方を回ることができ、かつその地域の名産品を知ることが出来たりするので、わりと地理の勉強にもなる、タメになるゲームなのです。桃太郎電鉄をやっていて印象に残る地域や、旅行に行ってみたくなる定番のところをいくつかピックアップしてみましょう。

出雲のソバと神社

まず、桃鉄の駅でもっとも人気が高いとも言われているのが島根県の出雲駅です。ゲーム内の出雲には、「出雲そば屋」という安い物件しかありません。これを全て買い占めると、序盤で非常に有利に立てる仕組みになっているので、桃太郎電鉄上級者はできるだけ早く出雲のそば屋を買い占めに向かうのです。

実際にも出雲は旅行先として大人気です。実際にそばがとても美味しく、日本三大そばのひとつとも言われる名産品です。独自の製法で、非常に香り高いソバが仕上がるので、蕎麦好きからも非常に評価が高いのです。また、縁結びの神社として出雲大社があり、年配の方々からも若いカップルの旅行者からも人気です。お腹もココロもパワーで満ち満ちてくる出雲、桃太郎電鉄で気に入ったら、ぜひいってみましょう。

風情ある岡山・倉敷

また、桃太郎のふるさとともいわれている岡山も、桃太郎電鉄では非常に重要な駅です。ゲーム内の岡山駅には、最高額物件であるテーマパーク「桃太郎ランド」があります。数百億円するため、ゲーム終盤まで来ないと買えないのですが、非常に高い収益率で、これを買うとかなり優位に立つことができるのです。

このような事情があるため、桃太郎電鉄をしていると岡山県に対するイメージがかなり良くなってきます。岡山は観光地としても非常に価値の高いところで、たとえば神秘的な鍾乳洞である「満奇洞(まきどう)」が年配の旅行者を中心に大人気です。また、倉敷市の町並みは昔の日本ならではの非常に綺麗な建物がたくさんあります。桜の季節などは特にきれいなので、是非とも癒されにいってみましょう。

top

 

ホテル予約検索

快適な台北ホテル

カップル、一人旅でおすすめホテルはこんなに違う。台北満員御礼ホテルでチェック

快適なソウルホテル

ソウル移動に欠かせない最寄駅情報が便利なホテル検索サイト

快適なバンコクホテル

タイのリゾート「サムイ島」やバンコクのホテルなど快適ホテル多数掲載中